BOX.jpg

BOX

Presented by DANCE ON THE PLANT

PSYCHEDELIC TRANCE

 LIVE 
CYLON
 DJ 
YAMATO / AJ / LAZZZY / KO-HEI / KAZU-P
 VJ 
SPIKE-BLOOM
 DECORATION 
METACOSMO

CYLON

Takeo NamikiのサイトランスプロジェクトCYLON。
これまでにK-WAVEやNAMINJI名義にてアーティスト活動をするなか、国内メージャーレーベルVictor Entertainmentが企画する3作品に楽曲を提供。
Beatportのサイトランス・チャートにて最高20位を記録するなどの功績を経て2011年にGRASSHOPPER RECORDSにサイン。2011年8月にはDigital ep "TIME TELLS NO LIES" をリリースし、今年1月にはJuno Reactor / From the Land of the Rising Sun - INSIDE THE REACTOR IIに名曲 "GOD IS GOD"のリミキサーとして参加しBeatportのサイトランス・チャートにて18位を記録するなど、国内アーティストとして初の快挙を成し遂げた。
彼の持つバックボーンにはHeavy Metal/Hard Core/Funk/Loud Rock/Rock等、バンドのギタリストとして豊富な音楽経験を生かしたミュージシャン的視点のサウンドプロダクションを展開し、Analog vs Digital / 生楽器 vs Computer等の議論を過去のモノとして一蹴するProgressiveなDance Tracksを生み出す。

YAMATO

DJ YAMATOのオーガナイズする【 LIBERO 】は、世界各国で体験した野外PartyのVIBESを東京青山に落とし込み、強力な音源をスタイリッシュな空間で演出するパーティー【 Stained glass 】を開催してきた。2016年4月16日には神秘的な空間のChristnCafe新宿に場所を移し、プログレッシブトランスの名門レーベル iboga record から LISH を招き開催予定!!そして、夏のプールサイドパーティーで話題が沸騰した【 GOONIES 】は2016年8月6日に海沿いの最高のロケーション、ガンダーラ真鶴で開催予定。
又、東京都内ではWOMB、ageHa等の主要CLUBで活動をし、Mother、OZORA official party等でフロアを沸かせて来た実績を、現在進行形で行っている。そのPlayスタイルはProgressive-Tranceを軸にTribal,Techno,Electro,Deep,House,Minimal,等の要素を持つ曲をグルービーにクロスオーバーさせ、ダークから光輝く音、Deepな音からFullPowerな音をクラウドに合わせて変幻自在に紡ぐ。今迄プレイして来た、海外リゾート、野外フェス、ラウンジ、大型クラブのバイブスでダンスフロアーを沸かせるだろう!!

AJ

アメリカのテキサス州にて生まれ育ち、18歳で日本へ渡る。
トランス音楽と衝撃的な出会いをし、以降は人生の道とする。

「AJ」とは「Ariel-Joseph」の略で、「神に仕えるライオン」を意味するヘブライ語。
その名の如く、大胆かつワイルドな原動力で、あらゆるものに神聖さを追求する。
音楽は特に、聴き手を高次元の精神状態へ導くための聖なる媒体だと考え、
自身が送るセットは一種の儀式という認識でステージへ上がる。

2013年より都内のトランスパーティーLigayaに入り、
Sean Tyas、Alex M.O.R.P.H.など、ヨーロピアン・トランスのヘビー級DJと共演を果たす。

2014年には自身のパーティーThe Church of Tranceを立ち上げ、
Freedom Fightersをフィーチャーした5周年パーティー @ WOMB(2019年)の成功でトランス・シーンのキー・パーソンであることを証明。

Freedom以外に、WAIO、John 00 Fleming、Eddie Bitarなど、
アンダーグラウンドのルーツを保ちながらオーバーグラウンドとシームレスに融合する、というクロスオーバー精神のブッキングにより
僅か数年でパーティーの規模を飛躍的に拡大している。

DJプレイではageHa主催の「AGEHARD」DJコンテストで優勝し、
2017年にARENAデビューを果たす。
激しさと繊細さを行き来するユーフォリックかつパワフルな流れで魂に秘められているメッセージを世に伝える。

それは彼の定めであり、最大の任務である。

LAZZZY

大阪出身の中二病DJ
HARDCORE PUNK と SLASH METAL に多大な影響を受けた攻撃的かつ、ドライブ感のある NIGHT FULL ON をプレイ。
Midnight 〜 Twilight の時間帯を最も得意とし、腰の座った重めのtrackを用いた独自のグルーヴを探求する。
2016年1月 無二の親友であるDJ SHIVA、VJ Space jackと共に” onosim ”を始動。
大阪市内を中心に毎回テーマを掲げ、コアなパーティーを展開。

2016年11月 DJ LuLuと共にオルタナティブな感性を持つ次世代のパーティーオーガナイズクルー” 0=zero ”を立ち上げる。
東京都内を中心に、PSYCHEDELIC とPROGRESSIVE の二軸構成で開催される” 0=zero ”は、常に革新的な取り組みと次世代のアーティストの発掘を行う。

2017年10月 南米メキシコのレーベル Alien records の japan tour を開催。
PROGRESSIVE TRANCE から派生した新たなジャンル FUTUREPROG のアーティスト” Mandoragora ” と DJ MACK & DJ MOON の New project ” Special M ”の来日をサポート。

2018年3月 イタリアの名門レーベル Looney moon records の新鋭アーティスト Radikal moodz と共にアジアツアーを開催し、ベトナムの地でもPLAYし活動の幅を広げている。

KO-HEI

Trance Soundを常日頃念頭に置き続けたLife Styleは、決して他と比べることができな いオリジナルで無比なexperienceをせざるを得なかった。彼が内に秘めていたSence と、インプットし続けたTrance Soundそれに伴うexperienceの融合、それらを昇華しアウトプットしてくまでに時間はかからなかった事が、2016年からStartした無類のDJ キャリアを裏付ける。
Progressive TranceからPsychedelic Trance、様々な楽曲がある中で現在のメインDJ StyleはGrooveを大事にしたフルオンだが、他にはないProgressiveなフルオンはKO- HEIにしか奏でることができない。 2016年時のDJキャリアスタート同時に、老舗箱として知られる渋谷 <<R-Lounge>> に てPsychedelic Tranceを軸とした時代を象徴するParty <<HI – LITE>> を立ち上げ、定 期開催、今日に至る。国内の錚々たるアーティストは勿論、FranceからSahman Record の<<ZERIDIUM>>を自身のPartyにBookingするなど、開催毎にオリジナリティをより 濃く表現し、無数の人々に数え切れないほどの忘れられない瞬間を与えてきた。DJはもと より一晩のStoryを紡いでくオーガナイザーとして手腕も着実にアップデートし続け、クラウドから信頼を得ている。
鬼Killerの本来を意を DJというフィルターを通して表現、発信していくことは決して簡単 なことではない。

B.P.M. Syndicate 2021 © ageHa & Haruo Chikada